So-net無料ブログ作成

カメラ基本講座(1.絞りとシャッタースピードとは) [カメラの基礎]

デジイチの性能を試すために
とりあえずオート撮影でためしてきました。








新しいカメラを使いこなすために、
カメラの基本を学ぶことにしました。
ブログに覚書として書いていきたいと思います

第1回目は、
シャッタースピードと絞りとは」です。

シャッタースピードとは、
光を取り入れている時間のこと

===================

遅い             早い
1/30(秒)→→→1/60(秒)→→→1/125(秒)
      2倍       2倍 

======================

シャッタースピードが遅い

   川の流れを線のように撮りたいとき。
   室内を明るく撮りたいとき。

シャッタースピードが速い

   スポーツ動くものを撮るとき。

※ただし、どちらの場合も三脚は必須アイテムです。


絞り
とは、
光の入ってくる穴の大きさのこと。
大きくしたり小さくして光の量を調整する。

===================

明るい          暗い
(開く)          (絞る)
F4→→F5.6→→F8→→F16→→F32
     2倍   2倍  2倍  2倍

======================

絞りを開く

焦点がくっきり、周りがぼけた写真


絞り絞る

全体にピントが合う。
風景などに適している。



このシャッタースピードと絞りは
密接に関係していて、

シャッタースピードを早くすると
光の量が減るので
絞りを開けて露光を調節する。

        ↑
        ↓

絞りを開ける
光の量が多くなって明るくなるので
シャッタースピードを早くして
露光を調節する。


シャッタースピードを遅くすると
光の量が多くなるので、
絞りを絞って露光を調節する。

        ↑
        ↓

絞りを閉じる
光の量が少なくなって暗くなるので
シャッタースピードを遅くして
露光を調節する。


猫のお目目を想像してみてくださいね。

レンズを買うときに、
絞りの数値が小さければ小さいほど
(明るければ明るいほど)
レンズのお値段が高くなって大きくなって重たくなるそうです。


これがカメラの基本なんだそうです。
初心者の私にはなかなか難しいですが、
頑張って覚えていこうと思います

次回に続きます


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0