So-net無料ブログ作成

カメラ基本講座(3.ISO感度設定で暗いところでも撮影可能) [カメラの基礎]

カメラ基本講座 第3回目は、
「ISO感度設定で暗いところでも撮影可能です。

ISOとは、ISOで作定された
写真フィルムの規格のことです。

昔のフィルムカメラで
100とか400とかのフィルムがありましたよね。
普通の人は100、
写真に詳しい人は400を使っていました。


ISO数値が大きければ大きいほど
高感度(=暗いところでも撮影が可能)になって
シャッタースピードを速くすることができるが、
欠点としてはノイズが増える



SONYのα200の場合は、
オートに設定しておくと
ISO400まで自動で設定されるが、
コンサートホールなどの暗い場所だと
ISO800とか1600などに設定を変えて
撮影したほうがきれいに撮れることが多いので
このISOボタンを押して設定を変えておくほうがいいですね。



※SONYのα200の場合は、
オートモードや絞り優先モードに関係なく
ISOボタンを押すだけで設定できます。

ちなみに、私が持っていた
コンパクトデジカメ
LUMIX DCM-FZ8
ISO感度の設定がISO1250までありました。
コンパクトデジカメなのに高性能で
とても気に入ってました。
今まで使いこなせていませんでしたが・・・


このISO感度をアップさせると
暗いところでもきれいに撮影できるかわりに
欠点としてノイズが増えるので、

フラッシュは禁止する。
(距離が遠いので意味がない)
手振れ補正をONにする
三脚を使って手振れを防ぐ
明るいレンズ(絞りF値が2.8などの高級レンズ)を使用する



は金銭的に無理かもしれませんが、
は必須項目かな

次回に続きます

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0